art in japan since meiji *just started*

Main

美術(出来事)

高橋由一、私塾「天絵楼」を開く

1873

工部美術学校開設

1876

龍池会発足

1879

東京美術学校設立

1887

東京美術学校授業開始

1889

明治美術会結成

1889

黒田清輝、久米桂一郎、フランスより帰国

1893

明治美術会分裂、白馬会創立

1896

東京美術学校に西洋画科

1896

日本美術院結成(橋本雅邦、下村観山、横山大観ら)

1898

岡倉天心、東京美術学校校長を辞職

1898

関西美術会創立

1901

明治美術会が太平洋画会に

1901

京都高等工芸学校開校

1902

京都市立絵画専門学校開校

1909

帝国博物館に美術品専用の陳列館「表慶館」

1909

二科会結成

1912

ヒュウザン会

1912 - 1913

斎藤与里、岸田劉生ら

草土社結成

1915

岸田劉生、木村庄八、中川一政ら

日本創作版画協会設立

1918

山本鼎、恩地孝四郎ら

初の公立美術館・東京府美術館建設

1926

岡本太郎渡仏(~1940)

1929

新時代洋画展結成

1934

長谷川三郎、浜口陽三、瑛九、村井正誠、山口薫、矢橋六郎ら

帝国美術院改組発表、抗議噴出

05/1935

日本民藝館開設

1936

新制作派協会結成

07/1936

文展無鑑査の作家たち

一水会結成

12/1936

元二科会の石井柏亭、有島生馬、安井曽太郎ら

自由美術家協会結成

02/1937

新時代洋画展のメンバーら

陸軍が多くの有力作家を戦地に動員開始

1938

藤田嗣治、石井柏亭、藤島武二、伊原宇三郎ら

九室会結成

12/1938

二科会の山口長男、吉原治良、広幡憲、斎藤義重、桂ユキ子ら

瀧口修造と福沢一郎、官憲に検挙され8カ月拘留

03/1939

陸軍美術協会結成

04/1939

美術文化協会結成

05/1939

靉光、麻生三郎、北脇昇ら

大日本美術報国会

1943 - 10/1945

日本美術及び工芸統制協会

05/1943 - 05/1946

新人画会

05/1943 - 1945

靉光、麻生三郎、糸園和三郎、井上長三郎、大野五郎、鶴岡政男、寺田政明、松本竣介

米軍が東京都美術館を接収

09/1945 - 1946

文展の復活決定

09/1945

米軍が戦争画153点を押収し東京都美術館で保管

09/1945 - 1951

新日本美術会発会

10/1945

帝室技芸員、芸術院会員、一般の新人30数名を平等の資格で

行動美術協会結成

11/1945

旧二科系の向井潤吉、小出卓二、伊谷賢蔵、柏原覚太郎、榎倉省吾、田中忠雄、高井貞二ら

旧二科会の復活

12/1945

東郷青児、渡辺義知、高岡徳太郎ら(1945年何月か不明)

帝室博物館再開

03/1946

東京美術学校に初めて女子学生入学。35名。

04/1946

日本美術会結成

04/1946

内田巌、硲伊之助、福田豊四郎、本郷新ら

火の会結成

04/1946

豊島与志雄、中島健蔵、村山知義、猪熊弦一郎ら

早稲田大学文学部に芸術学科

05/1946

演劇、映画を主として美術音楽に関する講座を併置

ユマニテ美術研究所開設

06/1946

内田巌、本郷新、福田豊四郎ら

現実会結成

06/1946

旧プロレタリヤ美術作家同盟の作家11名

アカデミー46美術研究所設立

09/1946

藤田嗣治、鶴田吾郎、中村直人、井上幸ら

日展改革案。日展不参加運動。

09/1946

観光美術協会結成

10/1946

中沢弘光、石井柏亭、藤田嗣治、三宅克己、鶴田吾郎、向井潤吉ら。運輸省、商工省が後援。

浅草で第1回額縁ショー

1947

全日本職場美術協議会結成

03/1947

第二紀会創立

04/1947

二科会からの分派。正宗得三郎・熊谷守一・黒田重太郎・中川紀元・鍋井克之・宮本三郎・栗原信ら。

前衛美術会結成

04/1947

丸木位里、赤松俊子、山下菊二、井手則雄ら

国立博物館発足(旧帝室博物館)

05/1947

日本アヴァンギャルド美術家クラブ結成

09/1947

瀧口修造、福沢一郎、古沢岩美、岡本太郎、村井正誠、長谷川三郎、阿部展也、植松鷹千代ら

創造美術創立

01/1948

・東京:山本岳人、吉岡堅二、福田豊四郎、橋本明治、加藤栄三、高橋周桑ら
・京都:上村松篁、菊池隆志、向井久万、奥村厚一、秋野不矩、沢宏靭、広田多津ら

夜の会結成

06/1948

花田清輝、岡本太郎ら

走泥社結成

07/1948

八木一夫、鈴木治ら

原コレクションの一部が国立博物館へ

08/1948

明治大正時代の院展系作品約60点含む

アヴァンギャルド芸術研究会結成

09/1948

夜の会に若い世代を加えて

荻須高徳渡仏

10/1948

パンリアル美術協会創立

10/1948

三上誠、下村良之助ら

現代美術協会創立

11/1948

上村松園が女性初の文化勲章受章

11/1948

美術(展覧会・主要作品)

高橋由一《鮭》(東京芸術大学蔵)

1877

横山大観《屈原》

1898

パリ万博出品

1900

事務局長・林忠正が「美術工芸」の呼称を「優等工芸」と改め、「美術品」と「優等工芸」を規定

第6回白馬会で黒田清輝《裸体婦人像》

1901

青木繁《海の幸》

1904

文部省美術展覧会開設

1907

官設展の総仕上げ。
絵画と彫刻のみとし、絵画を「日本画」と「西洋画」に分ける。

萬鉄五郎《裸体美人》

1912

靉光《眼のある風景》

1938

終戦前最後の文展

1943

松本竣介《Y市の橋》

1943

藤田嗣治《アッツ島玉砕の図》

1943

戦時特別美術展覧会(東京都美術館)

11/1944

陸軍美術協会による戦争記録画の展示(東京都美術館)

04/1945

第1回日展(旧・文展)(東京都美術館)

03/1946

第1回日本美術及工芸交易振興展(東京都美術館)

06/1946

「近代日本洋画展」(国立博物館)

07/1946

正倉院特別展(奈良博物館)に15万人

10/1946

読売新聞社「泰西名画展」(東京都美術館)

03/1947

東京都&朝日新聞社「第一回現代美術綜合展覧会」(東京都美術館)

05/1947

毎日新聞社「第一回美術団体連合展」(東京都美術館)

06/1947

女流画家協会「第一回アンデパンダン展」(東京都美術館)

06/1947

「西洋美術名作展」(国立博物館)

10/1947

日本美術会「第一回日本アンデパンダン展」(東京都美術館)

12/1947

「フランス絵画複製展」(銀座三越)

01/1948

読売新聞社「第2回泰西名画展」(東京都美術館)

02/1948

北斎百年祭記念展(国立博物館ほか全国)

04/1948

日本美術史総合展」(国立博物館)

04/1948

国立博物館で洋画常置陳列を開始

06/1948

文部省「近代美術巡回展」(岩手、新潟、福井)

06/1948

「近代日本美術総合展」(国立博物館)

10/1948

主に初期文展以来の文部省買上作品

日本美術会「第2回日本アンデパンダン展」(東京都美術館)にて戦争犠牲作家遺作展示

11/1948

「七燿会展」(北荘画廊)

11/1948

山口勝弘、北代省三、福島秀子ら

言説

美術雑誌『みづゑ』創刊

1905

雑誌『白樺』創刊

1910

『辞林』に「美術」が特に絵画、彫刻をさすという但し書き

1911

美術雑誌『アトリヱ』創刊

1924

美術雑誌『美之国』創刊

1925

柳宗悦『工藝の道』

1928

アンドレ・ブルトン著、瀧口修造訳『超現実主義と絵画』

1930

瀧口修造『近代芸術』

1938

内務省警保局による美術雑誌の統廃合

04/1941

美術家の節操論争(戦争画論争)

10/1945

雑誌『みづゑ』『三彩』復刊

06/1946

雑誌『アトリエ』復刊

08/1946

美術記者クラブ発足

10/1946

林文雄「近代主義の返り咲きによせて」(『みづゑ』

11/1946

レアリスム論争の口火に

月刊美術雑誌『美術手帖』創刊

01/1948

社会・政治・経済

大政翼賛会の発足

10/1940

終戦

08/15/1945

国際連合発足

10/1945

財閥解体指令

11/1945

極東国際軍事裁判(~1948)

1946

天皇の人間宣言

01/1946

新選挙法による初の総選挙

04/1946

日本国憲法施行

05/1947