1974

ライブイベント

チャリティー・コンサート

2/16/1974

銀座ヤマハホール エディ藩とオリエント・エクスプレス、カルメン・マキ&OZ、久保田麻琴と夕焼け楽団、大木トオルとザ・サード 日本ロック史における最も初期のチャリティ・コンサート

キュン・キュン・コンサート

2/22/1974

中野公会堂 小坂忠と葡萄畑、四人囃子 小坂忠は前年後半から葡萄畑 とともにステージに立つことが多かった。四人囃子は初レコーディングの準備中(ただし前年には映画「二十歳の原点」サントラ(TH)を担当済)

学徒動員

4/1974

明治学院大 南正人/裸のラリーズ/ロスト・アラーフ/紅とかげ 

第2回ただのコンサート

4/27/1974

中野サンプラザ 荒井由実/バズ/小坂忠/サディスティック・ミカ・バンド/他 

ジョーがあなたに贈るコンサー

4/28/1974

 ジョー/下田逸郎/チャー/岡沢章/村岡健/アレックス・イーズィリー/内田裕也他 

日比谷ファースト・ロックン ・ロール・ストリーク

4/29/1974

日比谷野音 スモーキー・メディスン/ファニー ・カンパ二-/ミッキー・力-チス/ ファーラワト改めファーラウト・ファミリ-・バンド(後のファー・イースト・ファミリー・バンド)/クリエイション/キャロル/沢田研二他 スモーキー・メディスンにとっては大舞台での初ライヴ。ファニー・カンパニーにとっては最後のライヴ。

ブルース・ギグ

4/29/1974 - 5/5/1974

拾得 ウェストロード・ブルース・バンド/憂歌団(この頃から現在のメンバーに)/妹尾隆一郎/ブルース・ハウス・ブルース・バンド/入道/ファッツ・ボトル・ブルース・バンド/上田真崎とサウス・トゥ・サウス(kの頃から活殿を開始)/スウィート・ホームシカゴ 他 西はもちろん東京からも多数のブルース・バンドが出演。京都が日本におけるブルースのメッカだと印象づけることになった。日本におけるブルース定着のひとつのきっかけとなる。

日比谷セカンド・ロックン ・ロール・ストリーク

5/19/1974

日比谷野音 つのだひろとスペース・バンド/サンハウス/サディスティック・ミカ・バンド 他 

ブルース・コンサート

5/29/1974

東京山野ホール レイジー・キム・ブルース・バンド/スウィート・ホーム・スカゴ 72~73年にかけて活動していた二つの東京系ブルース・バンドの解散記念アクト。これによってブルースは関西という印象がますます強くなっていく。

サディスティック・ミカ・バンド、キャロル

7/1974

 関東・東北、関西、九州13カ所をツアー。

ツアー

7/1974

 サディスティック・ミカ・バンド、キャロル 

日比谷サード・ロックン ・ロール・ストリーク

7/7/1974

日比谷野音 キャロル/サディステック・ミカ・バンド/イエロー/内田裕也 他 

第11回「三ツ矢フォーク・メイツ・フェスティバル」

7/11/1974

日本年センターホール 大瀧詠一/布谷文夫/ ココナッツ・バンク/駒沢裕城/岡田徹/シュガー・ベイブ・シンガーズ・スリー/稲垣次郎セクション 

ワン・ステップ・フェスティパル 郡山・開成山公園

8/1/1974 - 8/10/1974

郡山・開成山公園 オノ・ヨーコ(プラスティック・スーパー・オノ・バンド)/クリス・クリストファースン/リタ・クーリッジ/沢田研二/サディスティック・ミカ・バンド/キャロル/シュガー・ベイブ/エディ藩とオリエント・エクスプレス/上田正樹とサウス・トゥ・サウス/サンハウス/ブルースバンド/イエロー/トランザム/クリエイション./かまやつひろし/はちみつぱい 他 日本ロック史上最大のイヴェント。

酔いどれ歌嵐

8/2/1974

青山タワーホール 細野晴臣、はちみつぱい 

8・8 ロック・デイ

8/2/1974 - 8/3/1974

琵琶湖バレー 上田正樹とサウス・トゥ・サウス/ブルース・ハウス・ブルース・バンド 他 73年に始まった8・8ロック・デイだが、第2回のこの時は上田正樹とサウス・トウ・サウスが圧倒的な人気を誇った。

シティ・ミュージック・ジャム・セッション

8/4/1974

青山ロブロイ はちみつぱい/ココナッツ・バンク 他 青山ロブロイはジャズ・ライヴの店 として有名だったが、山下洋輔などの広い人脈を通じて風都市(シティ・ミュージック)系列のミュージシャンも出入りするようになっていた。この店でのこうしたジャム・セッションを通じてやがて矢野(鈴木)顕子が頭角を現した。ちなみにシュガー・ベイプと山下洋輔は同じ事務所だった。

コンサート邪無

8/24/1974

日本青年館 ティン・パン・アレー(細野、鈴木、松任谷、林、鈴木顕子)/小坂忠/吉田美奈子/吉川忠英 ティン・パン・アレーが、コンテンポラリー・R&Bを意識して登場

琉球フェスティバル

8/28/1974 - 8/29/1974

大阪・東京 嘉手苅林昌/照屋林輔/国吉源治 他 

九州ツアー(10ヶ所)

9/1974

 遠藤賢治/ゲスト・中山ラビ 他 

サディスティック・ミカ・バンド・ショー"ディパーチャー"

9/14/1974

新宿厚生年金大ホール サディスティック・ミカ・バンド/ゲスト:今井雄二/バッド・ボーイズ 

酔いどれ音楽会

9/18/1974

日仏会館 はちみつぱい/南佳孝/吉田美奈子./大貫妙子 

四人囃子ワン・マン・コンサート

9/21/1974

目黒杉野講堂 四人囃子 

第1回ブルース・フェスティバル

11/25/1974 - 11/28/1974

東京・郵政貯金ホール スリーピー・ジョン・エスティス/ロバート・ジュニア・ロックウッド 他 日本発の本格的ブルース・フェス

小坂忠と葡萄畑

12/1974

 北海道ツアー

ロックン・ロール・BAKA2

12/24/1974

中野サンプラザ 内田裕也/沢田研二/クリエイション/ルージュ/田谷力三 他 

フラッシュ・コンサート

12/31/1974

西武劇場 フード。・ブレイン(陳信輝/加部正義 他)/頭脳警察/クリエイション/かまやつひろし/内田裕也/四人囃子/イエロー/みっきー吉野 他