70's Vibration

ライブイベント

日劇ウェゥタンカーニバル

1/14/1969 - 1/20/1969

加藤和彦学芸会

01/24/1969

渋谷公会堂 フォークル解散後、ソロになっての初リサイタル

あんぐら音楽祭 オープニングコンサート

3/20/1969

大阪厚生年金大ホール 高石事務所主催

あんぐら音楽祭 ジャックス・ショウ

3/21/1969

大阪厚生年金中ホール 

あんぐら音楽祭 プロテスト・ソング大会

3/22/1969

サンケイホール 

あんぐら音楽祭 五つの赤い風船と六文銭

3/23/1969

大阪厚生年金中ホール 

あんぐら音楽祭 岡林信康リサイタル

3/25/1969

大阪厚生会館文化ホール 

あんぐら音楽祭 オープニングコンサート

3/26/1969

渋谷公会堂 

あんぐら音楽祭 岡林信康リサイタル

3/29/1969

共立講堂 

あんぐら音楽祭 ジャックス・ショウ

3/31/1969

東京厚生年金小ホール 

あんぐら音楽祭 プロテスト・ソング大会

4/1/1969

渋谷公会堂 

あんぐら音楽祭 五つの赤い風船と六文銭

4/2/1969

都市センター・ホール 

京都大学バリサイ「バリケード・ア・ゴーゴー」

4/12/1969

京大A号館地下 裸のラリーズ/ムスタング/ワツクス 学内外から500名以上が参加、サイケデリツクな装飾の中、深夜2時まで踊りまくる。

メーデー前夜祭

4/30/1969

山谷・福祉センター 高石友也/高田渡 

日曜ウエスタン・カーニバル

5/1/1969 - 5/8/1969

 ゴールデン・カップス/チューリップス/アダムス/ピータース/P・S・ヴィーナス/ワイルド・ワンズ/テンプターズ/タイガース/スパイダース/他 

第1回メッセージ・コンサート

6/5/1969

都市センター・ホール 高石友也/加藤登紀子/ジャックス 

フォーク・ソングをぶっつぶせ

6/16/1969

六本木俳優座 岡林信康/五つの赤い風船/カルメン・マキ/ジャックス/長谷川きよし/ビリー・パンパン/ウエイファリング・ストレンジャーズ/本田溜津子/麻田浩/他 かまやつひろし、北山修 構成・演出

ゴールデン・カップス・リサイタル

7/20/1969

ジャックス・ショウ

7/25/1969

東京・護国寺天風会館 

名古屋のフォーク・キャンプ

8/2/1969 - 8/3/1969

 高石友也/岡林信康/五つの赤い風船/中川五郎/高田渡/遠藤賢司/ジャックス 

第1回全日本フォーク・ジャンボリー

8/9/1969 - 8/10/1969

岐阜県坂下町椛の湖畔 遠藤賢司/岩井宏/五つの赤い風船/中川五郎/上條恒彦/ジャックス/岡林信康/高石友也/他 日本フォーク史上最大のイベント。ジャックスはこれを最後に解散。参加者約3千人。

フォーク・ゲリラ集会

08/13/1969

 高石友也/五つの赤い風船/他 高石出演中、東京フォーク・ゲリラが登壇し、高石に自己批判をせまる

ウッド・ストック・フェスティバル

8/15/1969 - 8/17/1969

ニューヨーク近郊 40万人の大観衆

第4回フォーク・キャンプ・コンサート

8/17/1969

京都・円山音楽堂 フォーク・キャンパーズ/豊田勇造/藤村直樹/ふれあいシンガーズ/若林純男/中山ラビ/やまたのおろち/アップルバミス/高田渡/マヨネーズ/阪大ニグロ/遠藤賢司/五つの赤い風船/中川五郎/岡林信康/他 

日劇ウエスタン・カーニバル

8/25/1969 - 9/1/1969

 ピーターズ/P・S・ヴィーナス/アダムス/ヤンガーズ/ゴールデン・カップス/ワイルド・ワンズ/テンプターズ/フワーズ/タイガース/スパイダース/他 

実況録音のためのカレッジ・ポップス・コンサート

8/29/1969

渋谷公会堂 北山修(司会)/シューベルツ/ザ・リガニーズ/加藤和彦/トワ・工・モア/遠藤賢司/リトル・マギー/イノズ・ハミング/フォー・セインツ/RCサクセション/ロック・キャンディーズ(アリス)/ティンカーズ この模様を収録したライヴ・アルバムは11月に発売された

第1回10円コンサート

9/22/1969

日比谷公会堂 パワー・ハウス/フラワーズ/エム/他 成毛滋、ミッキー吉野らが呼びかけ人

レコード発売記念フリー・コンサート

9/27/1969

日比谷公会堂 エイプリル・フール 

第1回日本ロック・フェスティバル

9/28/1969

東京・厚生年金ホール ゴールデン・カップス/パワー・ハウス/エディ藩タループ/フラワーズ/チューリップス/ブルース・クリエイション/成毛滋/井上孝之/増尾好秋/他 

ロックはバリケードをめざす

10/28/1969

御茶ノ水全電通会館ホール 遠藤賢治/早川義夫/ビラインド・レモン・ジェファーソン/ばれんたいん・ぶるう/他 日大闘争救援会主催

第2回10円コンサート

10/30/1969

日比谷公会堂 フラワーズ/モップス/ハプニングス・フォー/パワー・ハウス/エム/柳田ヒロ/アイ高野/岸部おさみ/森本太郎 

ブルース・クリエイション

12/1969

浦和玉蔵院 このライヴの企画団体が、"浦和ロックンロールセンター"に発展

「第2回日本ロック・フェスティバル」

1/6/1970 - 1/7/1970

東京厚生年金会館 パワーハウス/エモーション/エム/ハプニンプス・フォー/岸部“おさみグループ/内田裕也とフラワーズ/成毛滋/モップス/ゴールデン・カップス/麻生レミ・オール・スターズ他 

東京ロックン・ロール・アンサンブル(自由劇場)

3/1970

 ブルース・クリエイション フリー・ワーク・ショップの形式でブルース・クリエイション他が参加。

第1回ヘツド・ロツク・コンサート

4/1/1970

神田共立講堂 頭脳警察/フラワー・トラヴェリン・バンド(フラワーズから改称)、モップス 頭脳警察が第1回ヘツド・ロツク・コンサート(神田共立講堂)で正式デビュー。

ロック反乱祭

4/12/1970

文京公会堂 岡林信康(岡林信康&はっぴいえんどの初ステージ)/休みの国/遠藤賢司/五つの赤い風船他 岡林ロック化。

岡林信康壮行会

4/24/1970

渋谷公会堂 岡林信康&はっぴいえんど地 

LOVE IN ROCK

5/1970

大阪天王寺野外音楽堂 ザ・ディラン/友部正人/遠藤賢司/愚(この日に解散)/他 関西ロック&フォークのオーガナイザー、福岡風太が初めて企画したイベント。翌年から「春一番」コンサートとして79年まで続く。

第3回日本ロック・フェスティバル

5/5/1970 - 5/10/1970

東京の他、横浜・大阪でも開催 フラワー・トラヴェリン・バンド/ハプニングス・フォー/モップス/ゴールデン・カップス/ザ・エム/ヘルプフル・ソウル/フード・プレイン(陳信輝ヽ柳田ヒロ、加部正義、つのだひろ)/成毛滋/山口富士夫他 

日劇ウェスタン・カーニバル

5/7/1970

 頭脳警察 パンタがステージでマスターベイションを敢行。

革命的共産主義者同盟の政治集会

6/12/1970

日比谷野音 頭脳警察 頭脳警察が演奏

ロック・イン・ハイランド

7/26/1970

富士急ハイランド フラワー・トラヴェリン・バンド/村八分/遠藤賢司/モップス/ロスト・アラーフ 灰野敬二がこの日ライヴ・デビュー(ロスト・アラーフの解散は74年)

第2回全日本フォーク・ジャンボリー

8/7/1970 - 8/8/1970

 岡林信康/はっぴいえんど/五つの赤い風船/遠藤賢司/高田渡/金延幸子他。 聴衆八千人

第1回「日本語のろっくとふぉ―く」コンサート

9/16/1970

日比谷野音 日本語で歌うことにこだわるアーティストが多数出演、内田裕也らの英語派ロッカーと一線を画す。

フラワー・トラヴェリン・バンド・サヨナラ公演

10/18/1970

サンケイホール フラワー・トラヴェリン・バンド カナダヘ長期遠征に出るフラワーの激励会。英語派ロッカーと日本語派ロッカーの色分けが次第に鮮明となる。

ロック・カーニバル#1

12/16/1970 - 12/25/1970

京都、大阪、東京 ジョン・メイオール・トリオ/岡林信康&はっぴいえんど/ミッキー・カーチス&サムライ/カルメン・マキ/ゴールデン・カップス/モップス/成毛滋他¨ 大物来日アーティストと日本のロッカーたちの初の本格的共演。以後、海外アーティストの来日公演の際には日本のアーティストが前座を務めるスタイルが定着。

第1回MOJO WEST

3/10/1971

京大西部講堂 PYG(ジュリー/ショーケンetc.) MOJO WESTは京都のロック・ムーヴメントの中心的役割を果たしたイヴ
ェント。

第1回日比谷ロック・フェスティヴァル

4/3/1971 - 4/4/1971

日比谷野音 

第1回「春一番コンサート」

5/2/1971 - 5/3/1971

大阪天王寺野外音楽堂 高田渡/加川良/シバ/金延幸子/友部正人/ジプシー・プラッド 70年代前半の大阪ボップ・シーンにおける代表的なイヴェント。最後の「春一番」は80年。

第2回日本語のろっくとふぉ―く

6/1971

日比谷野外音楽堂 モップス/はっぴいえんど/遠藤賢司/頭脳警察/DEW/町田義人/吉田拓郎 

乱魔堂ライブ・デビュー

7/1971

渋谷BYG 

日比谷ロック・フェスティヴァル

7/3/1971 - 7/4/1971

日比谷野音 サムラ イ /モッ
プス /PYG /ゴールデン・ カッ プス /ハ プニングス4+1 /プラインド ・ パー ド /ザ ・ エ ム /ブル ース・ クリエ イション /成田 賢/はっ びい えんど /ガロ / 陳信輝 / 1815R&Rバン ド 4 月の 第1回につ づく2回め

レイクサイド ・ フェ ス ティバル

7/3/1971

琵琶湖ビワ・ ハイラン ド 赤い鳥/ マ イク 真木/浅川マ キ /内田裕也/ミッ キー・ カーチス・ ジュ リエッ ト /ブラインド ・ バード /村八
分/頭脳警察/ガロ /ズーニ ー ヴー /三 上 寛/フラワー・ トラヴェリン・ バン ド /エ ム /トゥーマッ チ /ロス トア
ラーフ/藤舎推峰 2万人の 若者が京阪神から 参加、オール ナイトで 盛り上がる。

岡林信康「自作自演/30曲狂い咲き」

7/28/1971

日比谷野音 8千人動員。
柳田ヒロ・ グルー プが共演

ロックアウトロック・コンサート

8/1971

日比谷野音 岡林信康/柳田ヒロ / 加川良/遠藤賢司/はっ ぴいえんど/DEW /ガロ 他  

箱根アフロディーテ

8/6/1971 - 8/7/1971

芦ノ湖畔 ピンク・ フロイド/1910フルーツガム・ カン パニー/パフィー・ セン トメリー/成毛滋/モップス /渡辺貞夫/山下洋輔トリオ 他 わが国初の大型ロック・イヴェ ン トとして3万人を集める。

第3回全日本フォークジャンボリー

8/7/1971 - 8/9/1971

中津川 岡 林 信康/加川良/三 上 寛 /友部正人/高田渡/はっ ぴいえんど/遠藤賢司/吉田拓郎/あがた森魚/はちみつ ぱい ( 鈴
木慶 一他)/浅川マ キ /カルメン・ マキ /ブルース・ クリエ イショ ン/ 日野皓正クインテット /山下洋輔トリオ/乱魔堂 他多数 フォ ーク /ロッ ク史上 最も 大きな歴
史的イ ヴェ ン トの一 つ。
最終日、「暴徒」によっ てステージ が占拠されコン サートは中断。聴衆は2万5 千人

精進湖ロックーン

8/8/1971 - 8/9/1971

山梨県・精進湖畔 麻生レミ /モッ プス/1815ロッ クン・ ロール・ バンド( 内田裕也・ 竹田和夫他) /スピー
ド・ グルー&シン キ/頭脳警察/ブルース・ クリエ イション /村八分 /エム /ハプニングス・フォー+2 ( チト河内 ・ クニ河内 ・ トメ 北川 ・ 篠原信彦 他 

日本幻野祭

8/14/1971 - 8/16/1971

三里塚 頭脳警察/ブルース・クリエイション/DEW/ロストアラーフ/J・A・シーザー 他 成田空港建設反対闘争の一 環として開催されたイヴェ ン ト。
当時のロッ ク状況と政治状況のリン クを 象徴する 例。頭脳警察はここ でいわゆる「革命三部作」を披露。

レッド・ツェッペリン初来日

9/1971

 チケット4万枚はほぼ発売と同時に売り切れ。来日ロック・アーティストとしては空前の人気。

エルトン・ジョン来日

10/1971

第1回唄の市

10/8/1971

東横劇場 エレック・ レコード系のイヴエント。この中から泉谷しげる、ケメ、古井戸などのスターが生まれた。

慶応大学三田祭

11/8/1971

 頭脳警察/村八分/はっぴえんど 頭脳警察がはっぴいえんどの持ち時間を食い尽くす。頭脳警察はこの頃絶好調。村八分も聴衆を圧。

オールナイト・コンサート「FUCK'72」

12/31/1971 - 1/1/72

京大西部講堂 ブルース・クリエイション/三上寛/ゲッセマネ/ウェスト・ロード 他